スポンサーサイト

  • 2018.01.11 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ダンボールコンポスト、実験中

    • 2017.06.14 Wednesday
    • 23:16

    JUGEMテーマ:園芸

     

     

    今年の5月初めから、生ごみのリサイクルを、ダンボールコンポストでも、チャレンジし始めた。

     

    わたしは20数年、ずっと、生ごみは、EMボカシでリサイクルして堆肥を作っているが、

     

    ダンボールコンポストは、今年がはじめて。

     

    広い庭もあるし、EMでの堆肥作りでも、ほとんど問題がないのだけど、

     

    「マンションだから生ごみはリサイクルできない。」と言う友人の話や、

     

    EMで失敗したからやめちゃった、という話を聞いて、

     

    もっと手軽にできる方法がないかな、と、気になっていた。

     

    でも、始めた一番の理由は、私自身の興味で、ただやってみたかったから。

     

    で、ちょうど良い大きさのダンボールが見つかったときにスタート。

     

    外からみた感じは、こう。

     

     

    ちょっと縦長で省スペース型。

     

    古Tシャツなどでフタをすると良いらしいが、ちょうどよいのがなく、同じくダンボールでフタを作った。

     

    この中にピートモスと、もみ殻くん炭を1対1で混ぜていれる。

     

    で、その中心に生ごみを毎日入れて、かき混ぜるだけ、というシンプルな作り。

     

     

    この簡単な作りのコンポスト。

     

    意外や意外、すごい分解力でビックリしている。

     

    今まで、EMで唯一困っていたのが、生の魚の頭や内臓。

     

    我が家は、お肉が食卓に上がることはめったにないので、そのゴミはでないけれど、

     

    北陸という土地がら、魚はよく食べるので、どうしてもその生ごみが出る。

     

    でも、EMの場合、水分が多いものだと発酵しなくて腐敗しやすかったり、匂いが気になったり。

     

    なので、魚は、お店で頭と内臓だけとってもらったりしていた。

     

    でも、このダンボールコンポストはすごい!

     

    生の魚の頭でも、今の季節なら、1週間ほどで、分解されてしまう。

     

    まるで異次元ポケット。

     

    なので、魚の生ごみや、青かびが生えやすい柑橘類の皮、水分の多いものなどは、

     

    こっちのダンボールコンポストに入れ、他のものは、EM堆肥に、と分けて使っている。

     

    まあ、柑橘類の皮は、殆どは料理に使ってしまうから、ほとんどゴミにはでないんだけど。

     

    (黄色っぽいのは、トマトを湯むきしたときの皮、意外にもカサカサとして分解されていない。)

     

     

     

     

    だけど、ここで、どうしても触れないといけないのが、ピートモスのこと。

     

    園芸やガーデニングをやっている人には、おなじみのこのピートモス。

     

    実は、環境破壊につながるとして、大きな問題になっている。

     

    ピートモスは、泥炭層から切り出したもので、ミズゴケ類など、複数の植物から作られる用土のことで、

     

    とてつもない年数をかけて自然が作り出したもの。

     

    このピートモスの状態になるまでには、何百年も、もしかしたら何千年も年月がかかっているそうだ。

     

    貴重なそのピートモスが、ガーデニングブーム日本で、いとも簡単に売り買いされ、

     

    環境破壊に拍車をかけている。

     

    私も、昔は、このことを知らなくて、園芸の本に書いてある通り、

     

    または植物園や園芸店の方に教えてもらった通り、ピートモスを買って使っていた。

     

    ブルーベリーを植えるときにも、酸性土を好むブルーベリーにはピートモスがいいと聞いて、買って植えた。

     

     

    その後、ある日ふと、「ピートって、あのピート?」と疑問が沸いて、調べるに至った。

     

    ピート、といえば、泥炭のことで、

     

    アイルランドでは、このピートを、独特の道具で四角く切り出して、干して燃料に使う。

     

    アイルランド好きな人は、一面に干されている農村部の風景が、映画や音楽のプロモーションビデオでも

     

    使われているから、あああれ、と、思い浮かべるかもしれない。

     

    私も、10代の頃からUKロックが好きだったから、その流れで、昔からアイルランドには興味があり、

     

    四角いピートが並んだ風景が、印象に残っている。

     

    こんなところで、ロック好きの勘が働くとは思っていなかった。

     

    ガーデニングに使われるピートモスは、主にカナダや、アイルランド以外のヨーロッパからの輸入だそうだが。

     

    その疑問がきっかけで調べているうちに、やはり、ピートモスは大切な資源であり、

     

    簡単に購入して使ってい良いものとは、とても思えない、と至った。

     

    このことを知って以来、使えなくなって、小屋に長年眠らせていた、使いかけのピートモスを、

     

    この春、引っ張り出し、最後にと、ダンボールコンポストに、有難く使わせてもらった。

     

    今後ピートモスを買うことはないだろう。

     

    代わるものとして、ココピートというものがあるらしいが、これも輸入品だし、もっと身近なものがいい。

     

    落ち葉や、もみ殻、おがくず、藁屑、、、? それらを混ぜ合わせたもので出来ないかな?

     

    来年もまた、ダンボールコンポストやるかどうかはわからない。

     

    でも、やるなら、ピートモスに代わるものを、模索しながらやってみようと思う。

     

    永続的で、循環出来て、全ての存在にとって良い、調和のとれるものを使って。

     

     


     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.01.11 Thursday
    • 23:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM