レモングラスのカットは、コレで楽々

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 20:37

JUGEMテーマ:ハーブ

 

じゃ〜ん!

 

ついに買っちゃいました。念願の、「押し切り」スマイル

 

 

今までは、ハーブティーのためにレモングラスをカットするのに、ちまちまとハサミでカットしていたんだけど

 

量が多いうえ、指が痛い、、、。

 

私は、プシャール結節っていう、指が変形して痛む持病を持っているので、

 

年々、剪定バサミや、園芸バサミでの作業が苦痛になってきた。

 

押し切りがあったらいいなあ〜と思ってはいたけれど、ホームセンターで見かけたものは、結構大きくて、

 

これを使っても、力がいるんじゃないかなあ?とか思って、なかなか買うまでにはいかなかった。

 

その後、押し切りにも、タイプやサイズがいくつかあることがわかって、

 

30僂里發里覆薹擇て使いやすいかも、ということで、心の中では買うことを決めていた。

 

だけど、、迷ったのが、こちら矢印タイプのものとどちらがいいかという事。

 

 

これは、お餅やカボチャも切れるっていうタイプで、草などを平置きできる点がいいなあと。

 

悩んだ結果、結局、目的がレモングラスのカットなので、やっぱりワラや草を切るための、専用のタイプ。

 

別名、「藁切りカッター」なんだから、草はお手の物でしょ、と。

 

早速、干してキレイなところを選別しておいたレモングラスを、カット!

 

 

めっちゃ、楽々〜。

 

もっと早く買えば良かった。

 

これからは、レモングラスはもちろん、畑のマルチングに使うススキやカヤも、楽々カットできそう。

 

私は昔から、薬草屋のおばあちゃん、っていう存在に憧れていた。

 

何処かの博物館で見た、古くて錆びた押し切りよりは、進化しているけれど、

 

この道具一つで、なんか、その憧れの薬草屋さんに近づけたみたいで、テンションが上がった私です。

 

 

 

 

今年最後のゴーヤ

  • 2017.10.13 Friday
  • 22:34

JUGEMテーマ:園芸

 

 

10月だというのに、夏のような暑さが続いたかと思えば、

 

雨の後は、急激な気温の低下。

 

秋の深まりは本当に早い。

 

そんな中、たぶん最後になるであろうゴーヤを収穫した。

 

 

我が家は、昭和時代の築50年を超える家で、周辺は時代とともに変わり、

 

うちはすっかりマンションに囲まれた、日当りの悪い家になってしまった。

 

日当りが良くないのに、そして、塀との隙間がわずかの場所なのに、

 

毎年、こんな隙間に植えた2本のゴーヤから、

 

夏の間に食べる、ちょうどいい加減の、量のゴーヤが採れる。

 

穫れすぎて飽きる程じゃなく、たまに食卓に登場する程度の、ホントちょうどいい量。

 

普通は、日よけ目的で、グリーンカーテンとして植えることが多いんだろうけど、

 

我が家では、部屋の中から、グリーンの葉っぱが見えたら楽しいな〜、

 

なんていう目的で植えている。

 

植物は、時には、常識から外れた条件で、育つことがある。

 

日当りが悪いからとか、条件に合わないから、っていう場合でも、なんでも一度は植えてみると

 

意外なものが意外なところで育つかも。

 

 

 

 

初めてのサツマイモ、試し掘り

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 22:03

JUGEMテーマ:園芸

 

 

サツマイモの葉っぱが、少し黄色くなってきたものがあるので、

 

ちょっとだけ、試しに掘ってみることにした。

 

中でも、茎が細くて、葉っぱもあまり茂っていない、つまりあまり良い状態じゃない

 

お芋から掘ってみると、、

 

ちっちゃい〜!

 

期待していただけに、その小ささにがっかり〜。

 

だけど、改めてじっくり見てみると、やっぱり可愛いゆう★

 

長い間、土の中で、それも悪条件の(コンディションの良くない畑です)中、

 

よくも、育ってくれたね〜と声をかけてあげたくなった。

 

毎年、大量に収穫している方々からみたら、なんとも情けない収穫かもしれないけれど、

 

このワクワクは、初めてのときだけだから、こんなささやかな収穫でも、私は大切に感じたい。

 

昨日は、10月だというのに、なんと気温29度だったそう。

 

どうりで暑かった〜。

 

帰りには、海岸通りで、暮れてゆく夕日を堪能しました。

 

 

ああ、こんな小さな喜びを、大切に、季節をちゃんと味わって生きたいなあ〜と思った一日でした。

 

 

さつまいもの葉っぱ

  • 2017.10.07 Saturday
  • 21:33

JUGEMテーマ:園芸

 

今年初めて植えたサツマイモ。

 

茂っている葉っぱが、ほんの少し黄色くなってきたのがあって、そろそろ収穫が近づいているのかな。

 

それで、時々、伸びているサツマイモのツルを切って、きんぴらにしたりして、食べている。

 

 

終戦後を思い出す、と言って、嫌がっていた母も、実際食べてみると、

 

「昔は嫌だったけど、今食べてみると美味しいねえ。」と。

 

そうそう、思いこみなんだって。

 

思いこみと言えば、、、昨日、すごい発見があった。

 

なんと、サツマイモの葉っぱも食べられるんだって!

 

なあんだ、そんなことか〜、と知っている人は言うだろうけど、私は知らなかった。

 

ジャガイモの葉には毒があって、食べられない、っていうイメージから、

 

サツマイモの葉も、食べるものじゃない、って勝手に思いこんでた。

 

だから、ツルを調理するときにも、こんなに青々とした葉っぱ、使えるといいのになあと、

 

思いながら、取り除いて堆肥に回していた。

 

楽天レシピにサツマイモの葉っぱのレシピが載っていたので、ついでに調べていたら、

 

ただ食べられるっていうだけでなく、ビタミンC、ビタミンB6、ポリフェノールが豊富で、

 

食物繊維はキャベツの2倍、タンパク質はレタスの3倍、っていうかなり優秀な野菜だそう。

 

さっそく、茹でてから、煮びたしにして食べてみた。

 

 

少し粘りがあって、独特の風味。予想を超える美味しさに、びっくり。

 

とすると、サツマイモって、お芋はもちろんだけど、ツルも葉っぱも全部食べられるっていう

 

究極のエコ野菜じゃないですか。

 

長年作っている方にとっては当たり前のことかもしれないけれど、昨日知ったばかりの私にとっては、

 

めっちゃ嬉しくて得した気分の出来事でした。

 

 

こちらは、ツルと人参のきんぴらです。

 

 

 

 

今日のガーデン

  • 2017.10.05 Thursday
  • 21:44

JUGEMテーマ:園芸

 

 

コスモス。今、満開を迎えているところもあるけれど、うちは咲き始めが早かったので、

 

もう終盤に近付いている。

 

 

今年初めて植えたサツマイモ。

 

なのに、サツマイモの畝に、こぼれ種から芽吹いたサラダバーネットが居座ってます。

 

 

お芋、上手く出来ているかな?収穫が楽しみです。

日本の秋は、金木犀の香り

  • 2017.09.25 Monday
  • 21:39

JUGEMテーマ:園芸

 

 

ハーブの種まきシーズンがやってきた。

 

直播きするもの以外は、毎年、自宅の中庭で、種まきをして苗を育て、

 

よい大きさになったら、ガーデンに植えつけている。

 

今日も、苗ポットを洗ったり、種まきのためのスペースを開けるために、鉢を移動したりと、

 

中庭で、種まきのための準備をしていた。

 

そんな作業の間、ずっと、良い香りを放っている金木犀。

 

 

一年間のうち、日本に暮せていることが幸せだなあ、と感じる瞬間が、度々あるけれど、

 

金木犀の香りが立ち込める、この時期も、そのひとつ。

 

我が家は、築50年を超える、昭和時代の家で、昔は、ご近所さんもみんな庭木のある日本家屋だった。

 

今は、マンションの谷間になってしまった我が家だけど、この中庭にある金木犀の香りは、

 

きっと、両隣りのマンションの住人にも届いているはず。

 

大学が近いこともあって、いろんな国からの留学生が多く住んでいるマンション。

 

この日本の樹木の香りが、住人たちに、どう届いて、みんな何を感じている暮らしているのかなあ?

 

と想像しながら作業をした、一日でした。

 

 

ナツメの実

  • 2017.09.24 Sunday
  • 22:03

JUGEMテーマ:園芸

 

 

ナツメの実が、熟してきた。

 

 

ナツメ、というと、必ず思いだすことがある。

 

中学生の頃、学校の帰り道に、団地があって、その敷地にナツメの樹があった。

 

赤く熟していた実が、たわわになっているのに、住人は、誰も採ろうとしない。

 

なので、ブロック塀を超えて、道にまで伸びた枝から、ちょいちょいもらって食べていた。

 

特別おいしい、というわけでもなかったけれど、学校の帰り道に、こんな贈り物があると、

 

ちょっとした楽しみになって、嬉しかったものだ。

 

 

 

私は、いつか、ガーデンを薬草園にしたい、という夢があったので、

 

園芸店でナツメの苗木を見つけたときは、迷わず買ってしまった。

 

漢方や薬膳では、ナツメを蒸して干したものを、「大棗」といって、良く使う。

 

ホルモンバランスを整えたり、鉄分を補って貧血を防いだりという作用があって、

 

特に、女性にはうれしい食材。

 

私も、貧血気味だったので、ナツメを煎じたものを、よく飲んでいた。

 

だから、我が家でいっぱい実が採れたら嬉しいな〜と思って植えたのだけど、

 

実際は、なかなか実がならずに10年ほど経ってしまった。

 

今年は、やっと20個ほど実がなった!と喜んでいたら、赤く熟したものから、カラスに突っつかれている。

 

 

そうそう、私が住む福井県には、その名もずばり、棗(なつめ)という地域があって、

 

実際、ナツメの生産に取り組んでいる。

 

ナツメのお茶や、ナツメのエキスなどの商品があって、薬膳好きの私ににとっては、

 

ちょっとした自慢の名産品なのだ。

 

ただ、なかなか、これをプレゼントしても、喜んでくれる人が少ないところが寂しいところ。

 

我が家のナツメも、早く、いっぱ〜い実がなって、お茶が作れるくらいになったらいいな。

 

 

 

 

 

 

藍の花

  • 2017.09.23 Saturday
  • 17:54

JUGEMテーマ:園芸

 

 

藍の花が咲いている。

 

 

今年も、夏の間、青々とした葉っぱを茂らせていた藍。

 

何回か、藍の葉っぱを使って、生葉染めをしたけれど、(生葉染めの生地はこちら

 

結局、作品らしいものは、なにひとつ出来ていない。

 

何年か前に染めたシルクのスカーフが、色落ちしてきたので染め直したり、

 

ウールの毛糸を、染めたり。

 

ただ、今年は、「藍の生葉で、木綿を染める」というチャレンジを何回か繰り返し、

 

ほんの少しだけ、コツをつかめたように思う。

 

なので、まだ、作品っていうものは出来ていないけれど、初めて、淡くしっかりとした色に

 

染まった木綿の糸や、ウールの毛糸を使って、冬の間に、何か作れたらいいな、とワクワクしている。

 

 

ところで、今咲いている藍の花。もうすぐ、種ができる。

 

ちょっと思い返してみたら、初めて藍の種を蒔いてから、

 

なんと、20数年たっていることに気が付いた。

 

たった一度、買って、蒔いた種が成長し、毎年、種がこぼれて(もちろん、種をとって播くのもある。)

 

春になると芽が出て、花が咲いて、また種になる。

 

それが当たり前だと思っていたけれど、改めて振り返ってみると、すごい。

 

なのに、、、私は、藍をあまり有効活用していない。

 

初めて藍の種を蒔いたときには、すごく嬉しくて、これが育ったら、葉っぱで藍染めができるんだ〜と

 

とってもワクワクしていたはずなのに。

 

初心忘るべからず、だ。

 

こんなに可愛い藍、来年こそ、もっと、有効に使わなくっちゃ。

 

 

 

 

秋ミョウガの収穫

  • 2017.09.22 Friday
  • 20:17

JUGEMテーマ:園芸

 

 

今年もまた、秋ミョウガの収穫時期がやってきた。

 

といっても、うちには、夏ミョウガと秋ミョウガ、両方あるので、

 

夏ミョウガは、もうすでに夏からずっと、食卓に登場したんだけどね。

 

いつも、必要な分だけ、裏庭の隅っこから引っこ抜いてきて使っているんだけど、

 

いよいよ花が咲き始めてしまったので、味噌汁用に10数個残して、今日は、一気に、収穫。

 

 

ミョウガって、日当りの悪い、じめじめしたところでよく育つから、うちのミョウガも、

 

庭の一番日当りの良くないところに植えてある。

 

土が粘土質だから、ゴム手袋して、半分埋まっているようなところは、掘りあげて収穫した。

 

夏ミョウガは、ほとんど薬味として使ったけれど、秋ミョウガは、毎年、保存食に。

 

まずは、定番の甘酢漬け。

 

沸騰したお湯で、さっと火を通して、合わせ酢に漬け込む。

 

合わせ酢の配合は、昔から「米酢100佞法△討鵑気づ大さじ3、塩小さじ半分」が、我が家の定番。

 

     (漬けたばかりだから、こんな色。だけど、お酢のお蔭で、きれいなピンク色になるよ)

 

残りは、炒め物にしたり、糠漬けにしたり、薬味にしたりしようかなと思っている。

 

ミョウガは、植えてさえおけば、全く手間いらずで、放っておくだけで、本当に楽ちん。

 

なんか、他にも、収穫だけできる、そんな野菜があるといいなあ〜。

 

 

 

ニラの花が、咲いちゃった

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 20:40

JUGEMテーマ:園芸

 

 

季節の移り変わりが早すぎて、ついていけない、最近の私です。

 

いろいろあってガーデンに行けなかったら、ニラの花が咲いてしまった。

 

 

咲いてしまった、、と表現したのは、お花もたべよう!と思っていたのに、逃してしまったから。

 

そう、ニラは、栄養価の高い野菜として知られているけれど、実はお花も食べられます。

 

長く伸びて花を咲かせた茎は、とっても固いから、花の部分だけ切りとって、さっと茹でたり、

 

天ぷらにしたりすれば、この季節限定の、旬の味。

 

でも、完全に花が咲く前の、ちょっとツボミの状態が良いんです。

 

なので、もう、食べるには、すでに遅し、、、。

 

まあ、綺麗だから、しばらくは観賞用でいいか。

 

風に吹かれてゆらゆらとなびくニラの花は、本当にきれい。

 

来年は、旬を逃さず、美味しくいただきますね。